高齢者運転マークとは。

高齢者の運転マークとは?義務?

高齢者マーク

正式名称は「高齢運転者標識」です。道路交通法に基づく標識の一つで、70歳以上の運転者が運転する普通自動車に表示。

道路交通法では、75歳以上の高齢運転者標識を付けないで普通自動車を運転することは、禁止。(70歳以上は努力義務規定)

他の運転者には、保護義務があります。

この標識を掲示した車両に、幅寄せ・割り込みなどの行為を行った場合、「初心運転者等保護義務違反」に問われます。

  • 行政処分:1点(基礎処分)
  • 反則金:6,000円(普通自動車)